動画TOP »  ドラマ »  日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」【TBSオンデマンド】 »  第8話 真犯人は法門寺沙羅駆。

第8話 真犯人は法門寺沙羅駆。

日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」【TBSオンデマンド】

■解説
【キャスト】 織田裕二、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、宮尾俊太郎、真飛 聖、新川優愛、矢野聖人、篠井英介、寺島 進、中谷美紀 ほか 【ゲスト】稲垣吾郎、河相我聞 【ストーリー】 沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務…

詳細な解説はこちら

■必要コイン:300コイン

今すぐ全部見る!MOVIEFULL プラス

qrコード

日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」【TBSオンデマンド】の解説

【キャスト】
織田裕二、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、宮尾俊太郎、真飛 聖、新川優愛、矢野聖人、篠井英介、寺島 進、中谷美紀 ほか
【ゲスト】稲垣吾郎、河相我聞

【ストーリー】
沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務める奏子(土屋太鳳)のパソコンが何者かにハッキングされ、奏子が書き留めていた沙羅駆に関する調査報告書が世間に流出。"マリアT"が裏で操っていた一連の殺人事件を沙羅駆が解決していたことがマスコミに取り上げられ、沙羅駆の存在が一躍世間に知れ渡ってしまう。そんな矢先、都内のとある一軒家で爆発が起こり、爆発跡からフリーライターの九鬼(小島康志)が刺殺体で発見される。現場にあった凶器のナイフから沙羅駆の指紋が検出され、目撃情報も多数あることから、なんと沙羅駆が殺人容疑で警察に連行されてしまう。ぼう然とする奏子たちをよそに、警察に拘留されても1人落ち着き払いひょうひょうとした態度の沙羅駆。殺された九鬼は、沙羅駆についての告発記事を週刊誌に発表する予定だったことが分かり、ますます沙羅駆への容疑が深まっていく。一方、捜査本部では警視庁捜査一課管理官・牛田寛人(稲垣吾郎)が、マリアTが黒幕だった一連の殺人事件についても、沙羅駆が真の首謀者ではないかと疑惑を向けていた。

続きを見る

  1. 第9話 マリアT死後に犯す完全犯罪
新規入会キャンペーン ▲第8話 真犯人は法門寺沙羅駆。TOP