動画TOP »  ドラマ »  日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」【TBSオンデマンド】 »  第6話 才能買う画家が描く殺しの絵

第6話 才能買う画家が描く殺しの絵

日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」【TBSオンデマンド】

■解説
【キャスト】 織田裕二、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、宮尾俊太郎、真飛 聖、新川優愛、矢野聖人、中谷美紀 ほか 【ゲスト】平 岳大、MEGUMI、和田聰宏、今野浩喜 【ストーリー】 沙羅駆(織田裕二)は、奏子(土屋太…

詳細な解説はこちら

■必要コイン:300コイン

今すぐ全部見る!MOVIEFULL プラス

qrコード

日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」【TBSオンデマンド】の解説

【キャスト】
織田裕二、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、宮尾俊太郎、真飛 聖、新川優愛、矢野聖人、中谷美紀 ほか
【ゲスト】平 岳大、MEGUMI、和田聰宏、今野浩喜

【ストーリー】
沙羅駆(織田裕二)は、奏子(土屋太鳳)が手にしていた新聞に掲載されていた未解決の殺人事件記事に目を留める。それは、とある橋の下で鈴木守(今野浩喜)という男が他殺体で発見された記事だった。周囲から人畜無害で殺される理由が見当たらないと評されていた鈴木が何故殺されたのか?事件に興味を抱いた沙羅駆は被害者のアパートを調査に訪れる。警察は通り魔の犯行として捜査を進めていたが、沙羅駆は被害者の部屋に残された資料などから「この事件は連続する」と推理。数日後、鈴木が株購入を相談していた証券会社の笠原亮次(和田聰宏)が階段から転落死していたことが判明する。亮次は返済が滞るほど借金があり、それが原因で妻の葵(MEGUMI)と離婚調停中だったが、亮次は優雅な生活を送っていたことが分かる。警察が事故死と判断を下そうとする中、沙羅駆は亮次の兄・壮一(平岳大)に遭遇。壮一の様子を見て興味を抱いた沙羅駆は早速、壮一の自宅を訪ねていく。

続きを見る

  1. 第7話 完全犯罪を名女優は演じきる
新規入会キャンペーン ▲第6話 才能買う画家が描く殺しの絵TOP