屍憶 ― SHIOKU ―の詳細

サイトTOP »  映画 » 屍憶 ― SHIOKU ―

屍憶 ― SHIOKU ― シネマ動画

屍憶 ― SHIOKU ―

■解説
屍の憶いが、呪いに変わる。 『呪怨』『リング』のプロデューサーが放つ、日台合作ホラー最新作! ● ハリウッドでも認められた Jホラーを代表するプロデューサー:一隆重 × 台湾ホラー新鋭の女性監督:…

詳細な解説はこちら お気に入り登録 新規入会はこちら
■配信メディア

屍憶 ― SHIOKU ―の解説

屍の憶いが、呪いに変わる。

『呪怨』『リング』のプロデューサーが放つ、日台合作ホラー最新作!

● ハリウッドでも認められた Jホラーを代表するプロデューサー:一隆重 × 台湾ホラー新鋭の女性監督:リンゴ・シエ!

● 特殊効果・音楽・編集など『呪怨』『リング』のスタッフが手掛け、“Jホラーの恐怖”を大胆輸出!

● 主要キャストに『カノジョの恋の秘密』で日本でも御馴染みのウー・カンレンとニッキー・シエ、『海角七号 君想う、国境の南』の主演で鮮烈な印象を残した田中千絵!

● 2016年 台北電影獎ノミネート作品!

TRUE STORY 実際にあった恐怖の物語
TVプロデューサーのハウは仕事も順調で、美しい恋人イーハンとの結婚も控えていた。
彼は視聴者の関心を引く番組を試み、“冥婚”といわれる死者との婚儀の風習を取材していた。
そんなある日、ハウは公園をジョギング中に奇妙な赤い封筒を拾う・・。
その後、夜中に悪夢にうなされるようになり、番組で知りあった霊媒師に相談する。
霊媒師はハウが何者かに憑りつかれていることを感じ、彼の前世を追跡する事を薦める・・・。

◇『冥婚』とは…
台湾や東アジアの一部で残る風習。現世に未練のある、若くして亡くなった者への弔い、慰めの儀式。紅包と呼ばれる赤い封筒が冥婚に使われる。
本来紅包は現地でご祝儀のやり取りや餞別を入れて感謝を伝える用途で使われるものであるが、この風習の場合その意味合いは異なる。
女性が未婚のまま亡くなると、道端に遺族が紅包を置く。通行人がそれを拾うとそれを監視していた遺族が出てきて、死者との結婚を強要される。
そのため、安易に赤い封筒を拾うことは大変危険であるとされる。封筒には現金や遺髪、死者の生前の写真などが入っている。

【キャスト】
ウー・カンレン
ニッキー・シエ
田中千絵
ヴェラ・イェン
アンドリュー・チェン
池端レイナ
ジャン・チンシャー

【スタッフ】
プロデューサー:一隆重
製作:リタ・チャン
監督・脚本:リンゴ・シエ
撮影:チェン・チーウェン
編集:深沢佳文
特殊効果:百嘉堂
特殊効果指導:松本肇
音楽:島邦明

新規入会キャンペーン

屍憶 ― SHIOKU ―のエピソード一覧

  1. PV

    ■必要コイン:0コイン

    詳しく見る
  2. 屍憶 ― SHIOKU ―

    ■必要コイン:400コイン

    詳しく見る
 屍憶 ― SHIOKU ― Top